プロフィール

sora*

Author:sora*
言葉の力ってとても大きいと思います。
ちょっとした言葉でも人のその後を左右したり、どんな方向にでも揺り動かすことができる力を秘めています。

何か行き詰ったり、悩むことがあったときに、ここの詩、言葉の力で、ほんの少しでもみなさんに良い未来が近づくことを、僕は望みます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

訪問者数

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/12/07 (Fri) 05:09
A certain rabbit story

A certain rabbit lived in a closed village in the forest.
He liked to see the sky.
"How beautiful this world is !"

He thought one day.
"How pleasant is it if I can fly over the sky ?"
His friends laughed at him.
But he kept seeing the sky without worrying about it.

One day, he found the shining seven color thing.
He was amazed to see it.
"What on earth was that ?!"

He decided one day.
"I simply want to see that beautiful thing again."
His friends laughed at him.
But his decision was very firm and he went out to journey.

The rabbit looked for a rainbow.
The rabbit kept running and running.
The rabbit went through the forest, over the mountain, over the sea.

The rabbit looked for a rainbow.
The rabbit kept running and running.
The rabbit kept going on a sunny day, on a rainy day, on a windy day.


One day, a letter reached the closed village in the forest.
The letter said that the rabbit died.
His friends bewailed about his death.


..........He seemed not to have been able to find the rainbow until the death.
But he strained courage and saw the world that no one has seen..........


He thought on that day.
"How pleasant is it if I can fly over the sky ?"
And he went out to journey that looked for the most beautiful thing in the world.

The rabbit looked for a rainbow.
The rabbit kept running and running.
The rabbit went through the forest, over the mountain, over the sea.

The rabbit looked for a rainbow.
The rabbit kept running and running.
And the rabbit took off the land, flew over the mountain, went up and went up.....

The rabbit found a rainbow.
And the rabbit found a red, orange, yellow, green, and blue, indigo, violet.

The rabbit was on the rainbow.
The rabbit was on the rainbow.
The rabbit was on the rainbow.


..........A certain rabbit lived on a beautiful shining rainbow.
He gave everyone a certain thing.

It was "courage" to see the vast and wonderful world.
スポンサーサイト

2007/12/04 (Tue) 22:15
詩、10作目。

祝10作目です!
「~つ」という言い方だと変な感じしたので、10からは「~作」にしますb

これ、別れの歌です。
イメージとしては海外に行ってしまう彼氏or彼女or親友と、駅で最後の挨拶を交わす、そんな感じです。
でも出来るだけ暗いものにしたくなかったのでこんな感じに。

なんか今の世の中、世界を見えているよりも狭くとらえる人が多いな~と感じます。
まだ成人もしてない自分がこんなこと言うのも変な感じというか上から目線みたいで嫌なんですが、正直、そう思います。

こんなに世界は広いのにねぇ(笑
宇宙の開発がもっと進めばさらに広くなるだろうねb



それでは今日はこの辺で。

2007/12/04 (Tue) 22:08
The earth is round ~僕と君の場合~

この世は狭いようで
広いようで狭いようで
君と僕が出会ったのも
偶然じゃなく必然だったのかも

柄にもなく
かわいらしい夢を見た
でもあながち
間違ってはないのかな

けど
この世は広いようで
狭いようで広いようで
君と僕が出会ったのも
考えてみりゃ奇跡なのかもね

この地球の
この国の
この町で
僕は君を
愛してる

たとえ二人
地球の裏側まで離れても
必ずまた
隣の席になるんだろう
0から出会えた僕らには
不可能じゃないさ


人々は何回も
飛ぼうと試みたけど
僕らには翼はないんだ
でもその代わり
脚があるだろう

そんなこと
ふっと考えてみたりした
でもあながち
間違ってはないんじゃない?

「この地球は海があるけど、どこまでも陸続きで、あなたが外国生まれでもきっと出会えた。」
と君は言う

この地球の
この国の
この町で
君と僕が
出会えたのは
奇跡だけど
必然で
それ以前に
僕は君を
愛してる

きっと二人
世界で一番遠くなっても
出会えるよ
同じ大地に立っているから
0から出会えた僕らには
不可能じゃないさ

たとえ二人
地球の裏側まで離れても
必ずまた
隣の席になるんだろう
0から出会えた僕らには
不可能じゃないさ



君の一歩
僕の一歩
その一歩が
世界跨いで・・・



「また会えるよね?」
「うん。きっと。必ず。」

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。