プロフィール

sora*

Author:sora*
言葉の力ってとても大きいと思います。
ちょっとした言葉でも人のその後を左右したり、どんな方向にでも揺り動かすことができる力を秘めています。

何か行き詰ったり、悩むことがあったときに、ここの詩、言葉の力で、ほんの少しでもみなさんに良い未来が近づくことを、僕は望みます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

訪問者数

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/27 (Tue) 11:14
Reverse conflict

自分が何処を曲がり
何処を走ってきたかは
最早覚えてない
歪んだショーケース
その中の狭い世界は
迷路になっていて
出られない
出られない

自分が描いた悪夢
核を突いていたりして
慌てて否定した
歪んだショーケース
引力から隔絶されていて
平面なのに眩暈
嘔吐する
嘔吐する

It's a reverse world
色盲のふりをして
空を真っ赤に塗ったんだ
It's a reverse world
生まれようとする僕
死のうとする僕
二つの介在
It's a reverse world
今日も格好つけながら
ショーケースの中を七転八倒


都合の良すぎる世界
何が本当だったかは
最早覚えてない
歪んで見えている世界
見えるものを疑った
真実さえ疑問形
解らない
解らない

体裁ばかりを考えて
本当の自分が何だかは
最早覚えてない
透明な蟲籠の中
僕は無様に飛び回る
愉快だよ

It's a reverse world
失明したふりをして
世界を壊しにかかったんだ
It's a reverse world
生まれようとする僕
死のうとする僕
二つの介在
It's a reverse world
出口はもうすぐそこなんだ
きっとすぐそこに・・・

It's a reverse world
ついに抜け出せたんだ
暗く長かった迷宮から
It's a reverse world
ついに生れ落ちた僕
もうここからは一本道
きっとずっと
It's a reverse world
振り返って眺めてみた
ショーケースの中は空っぽだった
スポンサーサイト

<< 詩、9つ目。 | ホーム | 詩、8つ目。 >>

コメント

なんだかすごくカッコイイ詩ですね(^-^)b
>色盲のふりをして 空を真っ赤に塗ったんだ
>生まれようとする僕 死のうとする僕 二つの介在
このふたっつ、好き
虫さんになった気分になりますねぃ(^-^)

コメありがとうb

>虹さん

カッコよく見えるけどカッコつけてるだけ、そんな詩なんですよ(笑
若気の至りって言葉が一番似合うかもしれません(笑

若気の至り・・・

そう言ってしまえるうちにたくさん詩が書けるといいですねぃ

(^-^)b

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。